根管治療|福岡市南区の歯医者なら『パセオ野間大池歯科』へ

根管治療

根管治療について

根管治療

むし歯が歯の根(神経)まで進行した場合の治療方法

むし歯が歯の神経(歯髄)まで達し、歯に大きな穴が開いてしまうと、むし歯に冒された神経を取り除く治療(根管治療)が必要です。重度のむし歯に限らず、外傷などで亀裂した部分から細菌が入り込み、神経が炎症を起こす場合もあります。炎症をそのままにしておくと歯がひどく痛む・歯肉が腫れるなどの症状が出て、さらに悪化するとリンパ節の腫れや発熱を引き起こします。
根管治療では、細菌に再び感染することを防ぐため、むし歯に冒された神経を取り除いてから内部を徹底的に清掃して、最後に詰め物や被せ物をする処置を行います。

なぜ根管治療が必要なのか

口の健康

10年・20年先を考えたときの歯を長く残すため

神経が冒された重度のむし歯は歯へのダメージが大きく、根管治療を行わなければ、いずれ抜歯しなければならなくなります。1本でも歯を失ってしまうと、お口のなかのバランスが崩れます。歯は1本ずつ機能しているのではなく、それぞれに役割を果たしながら、総合的にお口の健康を守っています。失った歯の両隣の歯が傾き、歯並びや咬み合わせに微妙に狂いが生じると、お口全体に悪影響を及ぼすのです。
根管治療を受けて、可能な限りご自身の歯を残すほうが、将来的にも良い結果につながるでしょう。

精密な根管治療を
行うための取組み

再発しがちな神経まで達したむし歯の再発を防ぐ治療

根管治療は、高度な技術が要求される治療です。一般的な治療方法と比べると再発リスクは下がりますが、根管治療を成功させるためには、一つひとつのプロセスを精密さと正確さを持って行わなければなりません。
当院では、CTで根管の数や病巣を正確に把握し、マイクロスコープを使って患部を拡大し、ミクロ単位の作業を行えるよう治療環境を整えます。治療の際は、ラバーダムを用いて細菌の二次感染を予防し、歯髄を取り除いたあと根管を密閉します。
根管治療の成功が、将来的なお口の健康の鍵を握っているのです。

CTを用いたより正確な病状の把握

歯科用CT

歯や根管を三次元で診断し、病巣を可視化します

当院でCT撮影する際は、通常のCTより細部まで歯を見ることができる『エンドモード』を使用します。超高解像度画像で歯や歯根・根管を立体的に診断することで、精度の高い根管治療が可能になります。また、被ばく量も軽減することができます。
従来の二次元のパノラマレントゲン写真では診断できなかった、根の細かい枝や膿胞・破折などをCT撮影で可視化させ、治療に役立てていきます。

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープ

より丁寧で精密な治療を行うためにマイクロスコープを使用

根管(歯の根の部分)は非常に細く、肉眼では治療部位をすべて把握することができません。根管にわずかでも細菌が残ると再発リスクが発生します。
根管治療は高度な技術が要求される治療です。
当院では、根管治療を成功させるために、3~20倍に拡大できるマイクロスコープを使用しています。根管の内部を明るく照らしながら、目視による患部への精密処置を行います。

感染を防ぐラバーダム

ラバーダム

根管治療後の再発を防ぐためにラバーダムを使用

唾液には非常に多くの細菌が含まれており、治療中の歯の中に唾液が入ってしまうと、根管内での二次感染の恐れが高まります。
アメリカでは、歯内療法専門医のラバーダムの使用率は90%以上、一般開業医でも、ほとんど使うと答えたものの割合は76%と報告されています。これと比較して、日本の一般歯科医師の必ずラバーダムを使用すると答えた割合はわずか5.4%でした。
当院では、二次感染を予防し、より精度の高い根管治療を行うために『ラバーダム防湿』を行っています。治療する歯だけが出るように、他の歯にゴム製のシートを被せることで、細菌の侵入はもちろん、口腔内に薬剤が流れ込むことを防ぐ効果があります。

直接覆髄法~神経を残す治療~

MTAセメントを使用した神経を残す治療

神経を抜きたくない・残したい方のために

今までの歯科治療では、神経に影響を及ぼす深いむし歯の場合、神経を取ってしまう治療が一般的でした。しかし、神経取ってしまうと歯がもろくなり、天然の歯の寿命が短くなる結果を招いてしまいます。

当院では、歯の健康寿命を長く保つため『神経を残す治療』を行っています。
患者さんのむし歯を除去し、MTAセメントという材料を使用することで、神経の保護・保存することができます。
この治療を行うことで歯の神経を抜くケースが非常に减少し、「神経を残す」「歯を長持ちさせる」うえで非常に有効な治療法です。

MTAセメントの特長

歯を削る量を最小限にできる

通常むし歯治療は歯を削り治療を行いますが、MTAセメントを使用することで、健康な歯を最小限削り、神経を抜かない選択肢で治療することが可能です。

人体に優しく安心できる治療法

細菌を死滅させることのできる強アルカリの性質を持っているのがMTAセメントの特長です。歯髄の中に潜む細菌を殺菌させる効果が期待できます。

料金案内

※当院の料金は、すべて税別価格です。

CT(エンドモード)
10,000円/1歯
MTAセメント
20,000円/1箇所 or 1根管