歯の神経をとるとどうなりますか?元には戻らないのでしょうか?|福岡市南区の歯医者なら『パセオ野間大池歯科』へ

よくあるご質問

すべての投稿

一般歯科

歯の神経をとるとどうなりますか?元には戻らないのでしょうか?

残念ながら、歯の神経をとってしまうと、二度と神経は元には戻りません。歯の強度も落ち、痛みも感じなくなり、歯の機能も低下するので、歯の寿命が短くなるというデータもあります。当院ではなるべく神経を温存する治療を行っておりますので、お困りごとがございましたらご相談ください。

一般歯科

虫歯治療をしたのに、痛みが治まりません。なぜですか?

理由はいくつか考えられます

  1. 治療による痛み。麻酔による痛みや神経まで虫歯が近かった場合も治療後しばらく痛むことがあります。
  2. 神経の治療の場合、一度に全ての神経を取ることは難しいため、痛みが完全になくなるまで治療回数と時間がかかる場合がございます。
  3. 感染根菅治療の場合、歯の根っこの先に感染による炎症が起こっており、炎症が落ち着くまで時間がかかります。場合によっては、治療後に一度大きく痛むこともございます。これはばい菌が死んで膿が出てくることが大きな原因です。
  4. 神経をギリギリで残して治療をした場合、虫歯がすでに神経まで感染していることがあります。その場合は痛みが出てきますので、神経の治療が必要になります。
  5. 歯に亀裂が入っている場合、神経までその亀裂が達していることがあります。それによって歯が痛む場合もあります。その場合は神経が温存可能かも含め再度精査します。
一般歯科

歯が黒く見えるところがあります。痛みはないですが虫歯でしょうか?

虫歯ではなく、着色の場合もあります。虫歯と着色を見分けるのは、歯科医師でないと難しいので、一度検査をされた方が良いと思います。虫歯は最初の頃は痛みがないことも多く、痛みが出るまでおいていると、神経や歯自体が残せなくなってしまうほど虫歯が大きくなっていることも多いです。

一般歯科

治療の途中で麻酔がきれてしまうことはありますか?

麻酔が弱い場合や治療時間が長い場合は麻酔が切れてくることがあります。その場合は、麻酔を追加するか、もしくはその日の治療を一度中止して、後日途中から治療を行いますので、ご安心ください。

一般歯科

痛みに弱いのですが、麻酔が効かないことはありますか?

当院では、なるべく痛みを感じにくいよう無痛麻酔を行っております。表面麻酔や電動麻酔、ご希望の方には笑気麻酔も併用し、麻酔の痛みを和らげます。麻酔が効きにくい方でも、痛みを感じにくいようにしていますので、安心して受診されてください。

一般歯科

詰め物が取れてしまったのですが、そのままでも大丈夫でしょうか?

そのままにしてしまうと、虫歯になりやすく、また歯並びも悪くなってしまいます。歯が割れてしまって、残せなくなる方もいますので、お早めにご相談ください。

一般歯科

虫歯になりやすいのは、どんな人ですか?

歯磨きが苦手な方や、歯磨きの回数が少ない方は虫歯になりやすいですが、体質的にも虫歯のなりやすいかたがいます。唾液の量が少ない方や、唾液の緩衝能(酸性に傾いた口腔内を中性に戻す力)が弱い方、歯の硬さが柔らかい方、歯並びが良くない方などは虫歯になりやすくなります。当院では、予防を第一に考えていますので、虫歯のなりやすさで悩んでいる方は、ご相談ください。

医院について 

通院は難しいので、応急処置だけをお願いしたいのですが。

当日の応急対応も行っております。詰め物や被せ物が取れた、痛みをとってほしい、怪我をした、などお気軽にご連絡ください。

医院について 

治療をせず、相談だけお願いすることはできますか。

相談のみも行っております。お口の状態を正確に判断してから相談させていただく場合もございますので、その場合は検査をいくつかさせていただきます。

医院について 

他の歯医者で治療中ですが、途中から治療してもらえますか?

他院での治療途中からでも問題ございません。問診と検査をさせていただいて、状態の確認後、治療計画を確認してから進めていきます。