歯を削る量を少なくできる?!ダイレクトボンディングとは?|福岡市南区の歯医者なら『パセオ野間大池歯科』へ

その他

歯を削る量を少なくできる?!ダイレクトボンディングとは?

2020.06.09

その他
「口の中の銀の詰め物を白くしたい」、「前歯のすきっ歯が気になる」、そんな悩みを患者様から聞くことがよくあります。

銀歯の大きさや、隙間のあき具合など条件はありますが、「ダイレクトボンディング」という治療法でその悩みを解決できるかもしれません。

「ダイレクトボンディング」とはコンポジットレジンと呼ばれるプラスチックの材料によって歯の隙間を埋めたり、歯の形や色を修正する治療法です。コンポジットレジンは保険での使用もできますが、保険適応外のダイレクトボンディングでは使用する材料の種類や接着方法が異なっているため、強度が高く、色のバリエーションにより、天然歯をより再現することができます。

また、コンポジットレジンは近年進化しており、従来のものでは強度が弱く、とれやすかった為、奥歯など力が強くかかる部位や広範囲の治療には使えませんでしたが、接着技術の向上やレジンの強度が強くなったことで適応範囲が広がりました。

 

このような方におすすめです

あまり歯を削りたくない方
歯の色や形が気になっている方
銀の詰め物(インレー・アンレー)を使いたくない方
仕事などが忙しく、来院回数が限られる方

 

メリット

健康な歯をほとんど削りません

近年の歯科治療では「MI」(Minimal intervation)というのが重要視されています。このMIの概念に基づき治療を行えるのがダイレクトボンディングの一番のメリットでしょう。ダイレクトボンディングでは歯を削る量を最小限に抑えることができます。

天然歯により近い色味を再現できます

近年透明感があるものや様々なカラーバリエーションのレジンが開発されています。何種類もの色のレジンを塗り重ねていくため、周りの歯の色との調和が取れた自然な仕上がりになります。

歯の形や色を改善できます

生まれつき歯が小さかったり歯並びの影響で前歯と前歯の間にスペースがある、いわゆるすきっ歯に対しても、矯正治療が費用面等で難しい場合ではダイレクトボンディング治療により歯のサイズをそろえたり、隙間を埋めることにより、見た目の改善をすることが可能です。

短期間で治療が行えます

口腔内の状態やケースにもよりますが、その日のうちに治療を終了することも可能です。しかし、歯の形態をこだわりたい場合は、技工士とディスカッションが必要になるため、模型を作り検証を行います。そのため、回数がかかる場合もございます。

金属アレルギーのリスクがありません

保険適応内の銀歯に使われている金属は長い年月が経つとイオン化して溶け出し、それが体の中に取り込まれてアレルギーを引き起こすリスクがあります。また溶け出した金属が歯茎に沈着することで、歯茎が黒く変色することがあります。そのためお口の中に金属を一切使わないメタルフリー治療が現在注目されています。ダイレクトボンディングでは金属を使わないため、金属アレルギーの方にはもちろん、現在症状のない方も将来発症することを予防することができるのでおすすめです。

費用を抑えることができます

保険適応外であれば白いセラミックスの詰め物(インレー・アンレー)と比較して、費用が抑えることができる場合があります。

 

デメリット

一回の治療時間が長くなることがあります

修復範囲にもよりますが、何層にもレジンを塗り重ねていくために、丁寧、精密な治療が必要となります、そのため、1回の治療時間は通常より長めに頂いております。

大きい範囲には適していません

コンポジットレジン材料の強度は近年格段に向上はしているものの、やはり金属やセラミックスに比べると劣るために大きな範囲での修復には適していません。

欠けたり変色することがあります

コンポジットレジンは周りの歯と同じようにすり減っていきます。個人差はありますが、噛み合わせによっては欠けやすい場合があります。また、コンポジットレジンの材質は近年向上しておりますが、長期的に使用すると変色は起こります。

 

当院でのダイレクトボンディングへのこだわり

ラバーダム防湿下での処置

ダイレクトボンディングの1番のキーポイントは接着です。コンポジットレジンを直接歯に接着するのですが、水分があると接着操作を厳密に行うことはできません。お口の中は非常に高い湿度であり接着には不利な環境なので、当院ではラバーダムを用いることで唾液や呼吸に含まれる水分をシャットアウトして接着に有利な環境を整えて治療していきます。

拡大鏡、マイクロスコープの使用

ダイレクトボンディングを行う上で拡大した視野での作業は必須です。特に虫歯を取り除いていくときに取り逃がしてしまったり、逆に健康な歯を必要以上に削ることを防ぐことができます。また、肉眼では見えない歯とレジンの段差や隙間も確認するとこができ、自然な見た目だけでなく、レジンが欠けたり隙間から二次虫歯になるリスクを下げることができます。

ダイレクトボンディング専用の器具

歯の形態や色調をより忠実に再現するために様々な専用の器具を使用します。まずは高品質のコンポジットレジンです。保険で使うものよりも透明感があり強度が強いため欠けにくく、接着力も強いため歯との隙間ができにくくなります。また、歯にはその人特有の着色があるためそれを再現するための絵具のようなコンポジットレジンを使用することもあります。他にも歯の形を再現しやすくするためのリングであったり、滑らかな歯の曲線を表現するために筆を使ったりと様々な器具を駆使して自然な仕上がりを目指します。