歯がしみる・・・これって知覚過敏?|福岡市南区の歯医者なら『パセオ野間大池歯科』へ

むし歯治療

歯がしみる・・・これって知覚過敏?

2019.11.21

むし歯治療

みなさん、「冷たいものがしみるな」と思われた経験はありませんか?
それは気のせいなのか?テレビコマーシャルでよくやっている知覚過敏?それとも、、?
今回は歯がしみる原因とその場合の治療方法について説明していきます。

① 知覚過敏が原因によるもの

「知覚過敏」とは歯の一番外側のエナメル質が「何らかの理由によって」剥がれる、もしくは歯ぐきがさがることによって、下の象牙質が露出し、冷たいものがしみてくると病気です。ではなぜ、象牙質が露出するのでしょうか?

歯周病によるもの

歯周病は歯周病原細菌により、歯を支える歯槽骨が失われていく病気です。歯を支える歯槽骨が痩せていくと、歯ぐきも一緒に痩せていきます。
そうすることにより、歯ぐきの下に隠れていた象牙質が露出し、直接冷たいものなど刺激を受けることによって「しみる」という症状が現れていきます。

不正咬合によるもの

不正咬合とはガタガタの歯並び(叢生)や出っ歯(上顎前突)や受け口(下顎前突)などの噛み合わせの総称です。不正咬合の欠点は、見た目(審美)の面もありますが、正常咬合と比べて、噛み合わせ時の力が歯が弱る方向にかかってしまうため、歯へのダメージが大きいという点があります。歯へのダメージはまず、歯頚部といわれる歯と歯茎の境にでてきます。不正咬合により、歯頚部のエナメル質が欠けてしまい、結果「しみる」という知覚過敏を引き起こします。

歯ぎしりや食いしばりによるもの

噛み合わせ時は私たちが思っている以上の強い力が加わっており、それは大人だと50~100kgとも言われています。
歯ぎしりや食いしばりなど不用意な力により、歯はダメージを受け、歯頚部のエナメル質が欠けて結果「しみる」という知覚過敏が引き起こされます。

 

② むし歯が原因によるもの

「しみる」という症状はむし歯がある場合の初期状態~神経をとるまでの進行している状態までさまざまです。
むし歯菌がエナメル質を破壊して、象牙質まで侵入している場合、このような症状が現れてきます。いずれにせよ早期の治療介入が必要になります。

上記のように、むし歯なのか、知覚過敏なのかは原因が全く違いますので治療法もそれぞれ異なります。
つまり何によって「しみている」のか原因を探していくことが大切になります。

次にそれぞれの治療方法について説明していきます。

① 知覚過敏の治療方法

まず対処療法として「しみる」のを止めていかなければなりません。

薬塗布

お薬の中の「スルホン酸基ならびに溶解したシュウ酸」が象牙質のカルシウム成分と化学反応を起こし沈着し、象牙質を一層コーティングすることによりしみるのを止めるという方法です。ただこちらの効果は一時的なものですので、コーティングが剥がれるとまたしみてきますので、その都度おくすりを塗りなおす必要があります。

レーザー治療

レーザーを象牙質にあて、象牙質にある知覚神経と通じる小さい穴を封じてしみないようにする方法です。こちらも効果は永続的なものでなく、また穴があいてくるとしみ始めます。その都度レーザー治療を繰り返す必要があります。

プラスチック・セメント修復

薬塗布やレーザー治療では減弱もしくは、効果がない場合に行います。
象牙質が露出してる部分を白い詰め物であるCR(コンポジットレジン)もしくはグラスアイオノマーセメントで埋めてしまうという方法です。
ただし、歯と材料がぴったりくっつくために歯を一層削る必要性があり、健全な歯質を削るもったいなさという欠点があります。
また、こちらも歯ぎしりや食いしばりなど過度な力が加わっている場合はすぐとれてしまう場合もあります。

抜髄(神経をとる)

これは最終手段であり、推奨されているものではありません。プラスチックやセメントで埋める方法でも効果が薄い場合、冷たいものだけでなく温かいものや常温の水でもしみているという重度な知覚過敏で、生活に支障が生じる症状の場合にのみ行う処置になります。
歯髄には神経の他、血流も循環しているので、歯髄をとると歯は死んでしまい、歯の寿命は一気に短くなってしまいます。歯のことを考えれば歯髄は温存していくべきなのですが、どうしても知覚過敏がおさまらない場合はこのような処置をとることもあります。

以上は歯科医院にて行う治療方法となりますが、ホームケアとしては知覚過敏対応の歯磨き粉を用いてもらうのも有効です。

② むし歯の治療方法

まず口の中を拝見し、レントゲン撮影をし、むし歯の大きさを確認して麻酔をし、治療を行います。
むし歯の大きさによっては、1回で終わるものから神経をとるほどの大きいむし歯の場合は何度か通って頂き、再治療が必要ないようしっかり治療していく必要があります。当院では治療した歯ができるだけもち、しっかり噛めるよう丁寧に治療をしております。

先ほども書いた通り、まずはしみる原因は何かを追求し突き止めることが一番大切です。ご自身では判断できないところになりますので、是非そのような症状がある場合は一度ご予約ください。