症例紹介|福岡市南区の歯医者なら『パセオ野間大池歯科』へ

症例紹介

すべての投稿

他院で抜歯と言われた歯に対しての治療

症状 他院で治療した被せ物です。痛みがあるということで被せ物を外して治療を行いました。被せ物を外すと、歯に大きな穴があいており(パーフォレーション)、その下の骨の組織が大きく壊されている状態でした。
治療法 骨の状態と、パーフォレーションの大きさを考慮して、今回は根管治療後にルートセパレーションとジルコニアによる歯の保存治療を行いました。
費用 根管治療、ルートセパレーション:保険治療費に準ずる。                     ジルコニア:150,000円+tax
通院回数 6回

症例の詳細を見に行く

前歯を失った方に対するセラミックス治療

症状 下の前歯の乳歯が残っており、乳歯の下の大人の歯が先天的に無い状態。乳歯は動揺が見られ、左右の歯にボンドで接着されて、維持されている状態。
治療法 長期的に残すことは不可能と判断し、抜歯を行い、ジルコニアブリッジで治療。
費用 ジルコニアブリッジ:220,000円+tax
通院回数 5回

症例の詳細を見に行く

症例紹介について

症状 症状が入ります
治療法 治療法が入ります
費用 費用が入ります
通院回数 通院回数が入ります
備考 備考が入ります

症例の詳細を見に行く